string(1) "7"

西野圭さん|スマートクルーFile#009

2019年01月23日

今回ご紹介するのは、世田谷区桜新町にある「ビゲスト株式会社」の乗務員、西野圭さんです。
取材協力:ビゲスト株式会社

-なぜタクシー乗務員に?
元々タクシーに興味があったので、前の会社を辞めたことをきっかけに思い切ってこの世界に飛び込んでみました。

-なるほど。ところでなぜこの会社(ビゲスト)に?
きっかけは求人誌に載っていたビゲストの求人広告です。
私は溝の口に自宅があるので、自宅周辺の東京・神奈川のタクシー会社の求人をリサーチしておりました。そんな折、世田谷区所在のこの会社の求人広告が目にとまったのです。
記載されていた会社の番号に電話したのですが、何と社長が出ました(笑)

-え、社長が!それはご縁ですね~
そうなんです!

248_3

-この仕事に就く前の職業は?
飲食業です。焼き肉屋のチェーン店に11年間勤めて様々なノウハウを勉強させてもらいました。

-11年間勤め上げたんですね!素晴らしい!!
はい。でも、その後スポンサーさんがついて、それまでの会社を辞め新会社の設立に関わることになりました。ただ、この新会社は色々あって結局辞めることになったのです。
その後、職探しにあたって、前々から興味のあったタクシー乗務員の仕事を前向きに考えるようになりました。

-それだけ飲食のご経験があれば、飲食関係への再就職も可能だったのでは?
そうですね。飲食業に携わっていた頃は、確かに収入が良かったのですが、とにかく自分の時間が取れなかったんです。タクシーの場合、収入が魅力的なうえ、自分の時間が確保できるというところが大きな魅力だったので、こちらを選びました。

-実際、ご自身の時間はできましたか?
はい。飲食業時代にはほとんど休みが取れなかったのですが、今では決められたシフトの中で自分のペースで休みが取れるようになり、映画鑑賞など自分の好きなことに対して計画的に時間を使えるようになりました。

-いいですね~転職大成功ですね。ところで、お仕事の話を伺いますが、乗務経験と得意なエリアを教えて下さい。
経験は1年と少しです。得意なエリアはあえて作らないようにしています。ただし、時間帯によってエリアを変えるように工夫はしています。

227_3

-勤務体系は隔日勤務?
そうです。1出番が長い勤務なので、1乗務で50~60回ほど営業します。

-おお、それはスゴイ!普通の乗務員さんより10~15回くらい多いですね。仕事をしていて嬉しかったことってどんなことですか?
お客様から「親切で丁寧だね」とか「ありがとう、頑張ってね」など、温かい言葉をいただけた時です。仕事をしていて、人に感謝されることほど励みになることはありません。また、同じ「ありがとう」でも前職の時とは違った重みを感じます。

-同じ「ありがとう」でも重みがちがう・・・印象的な言葉ですね。ところで、数多い営業の中でも印象の残っているお客様はいますか?
そうですね。外国のお客様に気に入っていただき、翌日も車に乗せて欲しいと言われたことがあります。シンガポールの方でした。

466_3

-隔日勤務じゃあ翌日も、とは行きませんよね。残念!ところで英語のスキルは?

はい、仕事でアメリカに6年ほどいたことがあるので英語は得意です。

-素晴らしい!アメリカの仕事も飲食関係?
アメリカでの仕事は飲食関係ではなく、親戚が経営していたゴルフ場のマネジメントを担当していました。

-なぬ!?多彩な面をお持ちですね!
そうなんです。最初は留学生として渡米したのですが、途中からゴルフ場の経営にタッチするようになり、ずっと向こうにおりました。

-では、その本場の英語スキルを今の乗務にも充分生かせますね。
はい、これからは外国人観光客の方にも多く乗ってもらいたいですね。

418_3

-そろそろインタビューも終盤なのですが、将来の目標などはありますか?
貯蓄をして、カンボジア、ミャンマー、ベトナムなどアジアの恵まれない子供達への援助をしたいですね。


-崇高な目標ですね。最後にこれからタクシー乗務員を目指そうとしている方々にひと言!
タクシー乗務員って年齢に関係なく仕事が始めやすいうえに、オープンな給与体系なんです。自分のやる気と取り組み次第で結果を出せば、確実に自分の収入に繋がる仕事って実は余り多くないと思います。
また、都心の地理に詳しくなる上に、世の中の流行にも敏感になります。これほど魅力的な仕事ってそうそう無いと思いますよ。

-ありがとうございました!


【取材を終えて】
アメリカでのお仕事、飲食業での長期にわたる職歴など、多彩な経験をされてきた西野さん。そんな西野さんの「同じ”ありがとう”でも重みが違う」のコメントは非常に印象的でした。
人命を預かり、安全に目的地に送り届けるタクシー乗務員という仕事だからこそ、お客様からの「ありがとう」の重みも違ってくるのかもしれませんね。
1乗務で50~60回もの営業をこなすという西野さん、タフな毎日を送っているのかと思いきや、休日は映画鑑賞などでのんびりと過ごしているとか。オンオフの切り替えができるタクシー乗務員ならではの生活をエンジョイされています。
将来は、貯蓄をしてアジアの恵まれない子供達への援助を行いたいという崇高な目標をお持ちの西野さんですが、その目標も遠からず達成できることでしょう。
今までの経験を生かした接客技術、語学スキルを生かして、これからも重みのある「ありがとう」を運んでください!!

 

●PROFILE:西野圭(にしのけい)さん
ビゲスト株式会社
血液型O型
身長176センチ
タクシー乗務員歴 約1年

【取材協力】
ビゲスト株式会社
東京都世田谷区弦巻4-9-6
http://www.biguest.jp/